【漫画】『予告犯』を読んで。5/5点

今回から初めてレビュー記事を書くのですが今までで面白かったものを読み直して記事にしていくのでしばらく5/5点の作品が続くと思われます。

今回選んだ「予告犯」は昔、古本屋で安売りしてて偶然であった作品です。

「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されていた作品で、僕は見たことないのですが2015年に映画化もされています。

ストーリーが面白く3巻で綺麗にまとまっていて自信をもってオススメできる漫画の一つです。

あらすじ

インターネット動画投稿サイトで犯行予告動画を投稿する謎の男。果たして予告された事件は起きるのか…!?

高度に情報化された現代のテロリズムを描く、緊迫のサスペンススリラー開幕!!

感想・レビュー

この作品の見どころは主人公が天才で頭脳戦で熱い展開になるところです。天才vs天才の頭脳戦は読んでいて「そんな考え方があるのか!」と思わせてくれるのが面白いですよね。この作品ではそういった頭脳戦がメインで話が進んでいきます。コードギアス(アニメ)やライアーゲーム(ドラマ)が好きな人は特にオススメです。

物語は進むと社会の弱者に位置づけされる主人公たちが社会の理不尽な悪に対して制裁を加えていきます。しかし本当に主人公たちのやり方は正しいのか?警察だからといって正しいとは限りません。一般的に人を殺すことは悪いことだけど、戦争で自分の国のために人を殺すと英雄とされますよね。この作品では何が正義で何が悪なのか?そんなことを考えさせられる作品です。

ハッピーエンドかバットエンドかは読む人の考え方次第で変わると思います。ちなみに僕はハッピーエンド派です。巻数が多い漫画よりもこういった短く完結してる漫画の方が好きなのでそれも相まって5/5点とさせていただきました。一日でサクッと漫画を読みたいときにオススメです。

★★★★★(5/5点)

オマケ:気に入ったセリフ

今回の僕が気に入ったセリフは「それが誰かのためになるという確信を得たとき、人は利得を超えた行動をとることがある」です。

あなたは誰かのために自分の利得を考えずに行動したことがりますか?僕はどちらかというと常に自分が得をするように生きてきたのでそういった経験はありません。ですがこの漫画を読んで人生で一度くらい誰かのために自分を犠牲をしてもいいかなと思いました。まあ、まずは「利得を超えた行動」をしてもいいと思える人を見つけることにします。。

映画版も時間があれば見てみようと思います。。

漫画

Posted by kaidanblog